男性にとってのキャバクラとは

お酒が入るとどうしても女性の事を考えてしまうのが男の性になるのではないでしょうか。

淋しい時に友達と合流し飲んだりしてもその欲求は消え去る物ではありません。

この様な時には気づいたらキャバクラに行っていた、なんて経験男性であれば当然の事になるかと思います。

経験無い方も当然の事存在するとは思いますが。

女性も寂しさに耐えられないと言った経験をされているかと思いますが、寂しがりやの人が多いのは実は男性の方ではないでしょうか。

やはり需要があるからこそ、この様なキャバクラ文化が発展して今に至るのだと思います。

女性の寂しさは何となく理解が出来ます。

しかし女性は男性の寂しさのメカニズムを理解しようとしてくれません。

そこでキャバクラと言った便利なサービスがこの世の男性の寂しさを紛らわせてくれる存在として成り立っているのです。

お酒も飲めるし女の子に愚痴も聞いてもらえる、大きいサイズのキャバドレスで着飾っている。そこに多少の支払いをする事はなんら不思議な事ではありません。

色んな事を溜め込んで帰宅しても質のより眠りにつく事は容易ではありません。

そこで会社と自宅の隙間にキャバクラを挟めば、次の仕事への取り組みも違った物へとなりますので、ワンクッション入れる事も必要な事かと思います。

キャバクライコール行ってはいけない、また無駄遣いと言ったイメージを持たれる方もいますが、その様な事だけではない事も知っておいてもらいたい物になるかと思います。

また大げさになりますが、仕事をする上でのコミュニケーション能力を養う事も可能な場でもあるのではないでしょうか。

お花日和

今日は、良い天気。

寒くなく、ほんわり暖かい。

ふと、庭を見るとチューリップがいくつか枯れていました。

また来年咲いて欲しいので、お花が枯れたらすぐに茎を切ります。

立派な球根になりますように。

気になっているのは、ツル性のジャスミン

何年経っても花が咲きません。今年の冬は、ビニールで囲って上手く冬越ししたと思ったのですが

一向に花が咲きません。何でだろう?いっそ、抜いちゃおうかなでも、かわいそうだよね。

種がこぼれて、ビオラがたくさん咲いています。ただ、色々な色のビオラを植えているのに種がこぼれて発芽するのは黄色と紫の花びらのビオラだけ。、ピンクや赤いお花が好きなんだけれどまあ

仕方ないか。

今日は、お花日より

お庭のお花に元気になってもらえるようにせっせと肥料をやり、雑草を抜きました。

お庭に出てお日様を浴びていたら、前々から気になっていた太陽光発電のことを思い出しました。
あとで見てみよう太陽光発電の一括見積りサイト、せっかくだから今夜にでも見てみようかと思います。

周りの人を大切にしている芸能人のエピソード

テレビで観ているイメージと実際に会ったときと、イメージが違うことが多いというのが芸能人ですが、長く芸能界で活躍されている皆さんは、総じて一般の人に対してとても優しいのではないかと私は思っています。

私は、以前にダウンタウンの浜田雅功さんが、街でロケをしているときにお見かけしたのですが、いつも舌鋒鋭くツッコミを入れている浜田さんはやはり少し怖いイメージがあったのですが、その番組のスタッフに対して深く頭を下げている場面があり「なんて礼儀正しい人なんだろう」と思ったことがありました。

また、私の友達が草野球をしていて、中山秀征さんが所属するチームと対戦したことがあったそうです。そのときもまったく偉そうな態度をとることなくフレンドリーに接してくれて、とても感激したということをその友達は話していました。

このように、むしろテレビでズバズバと意見を言う人ほど、テレビカメラのまわっていない裏側ではスタッフに対して気配りをしているのだなあと私は思いました。

ましてや浜田雅功さんにしても、中山秀征さんにしても、芸能界ではトップ中のトップなのにまったく偉そうにすることがないのですから、とても人間ができているのだと私は感じます。

やはり、そういった芸能界で支えてくれているのは、他の大勢の人たちであるということをきっとわかっているからなのだと感じ、私はその2人がますます好きになりましたので、これからも末長く頑張って欲しいと私は思っています。

子供は駆け引き上手

赤ちゃんの頃の子育てといえば、とにかく子育てというよりかは、お世話ですよね。
あれこれと考えずとにかく大事に守って、せっせとお世話するのが親の仕事です。

でも、ある程度赤ちゃんに意思が芽生えだすと、今度はお世話に加えて子育てが始まるわけです。
悪いことは悪いこと。いけないことは、いけないこと。
良いことは褒めて伸ばす。嬉しいことは一緒に喜ぶ。
といったように、まさに人格を形成するのに必要な子育てが始まります。

そして、知恵が付き始めると、徐々に子供がパパママに対しての駆け引きが始まります。
子供は大人が思っている以上に、ちゃんと人のことを見ています。
ママがどうしたら言うことを聞いてくれやすいか、パパはどんなことをしたら怒るのか、というのを
見ているので、そこで駆け引きが始まります。
それに振り回されないように、大人が毅然とした態度で子供に接しなければなりません。

ワガママいいたい!どうやってこのワガママを聞いてもらおう!という場合、ものすごい知恵を働かせるので、
子供って頭がいいな~と関心してしまいます。
最初はそれに気が付かずに、うっかりとその駆け引きにのってしまうことも多々ありました…。

ただし、なんでもかんでも、否定してダメ!というのはダメだと思っているので
そこはちゃんと話をして、なぜダメなのか、なぜそれがワガママなのかを話すと子供ってちゃんと分かってくれるんですよね。

子育てってなかなか大変ですが、そういった気付きが楽しいのも、子育ての醍醐味なのでしょう。

母乳育児

うちの息子ももうすぐ2歳。

まだ母乳育児やってます。
もう肉も魚も何でもほぼ大人のようにガッツリ食べれるのですが、なかなかおっぱいから卒業できません。

本人が飽きるまでいっかと思いながら時は過ぎ、もうすぐ2歳です。

その上、友人のお母さんから「母乳育児をしていると、子どもは健康になり、すごいポジティブな子になるわよ!」と強く母乳育児を進められました。

その、母乳育児をするとポジティブな子が出来る!説を唱えた友人の子は確かにめちゃくちゃポジティブでとにかく活発で明るい。

確かに育児書などでも母乳育児をすると子どもが満たされると書かれていましたが、それはあるかもしれません。
お母さんの柔らかい肌にピッタリとひっつきながら甘いおっぱいを鼻をこすらせながら飲む姿は幸福そのものです。
そこが私がおっぱいをやめれない一番の理由かもしれません。

歯が生えてきた時はよく噛まれて、めちゃくちゃ痛いので、もうやめようかなと思った事は何度もありましたが、「噛んではいけない」とすぐに理解したようで、その後は特に痛い思いもせずにいますが、たまにおっぱいを飲んでいる時にウトウトして寝ぼけて思い切り噛むという事があり、あれはかなり痛いです。

あと、授乳中は完全にアルコールは飲めないので、全く飲まないのも自分の体にとって良いとも思います。
暑くなるとついビールを開けてしまうのですが、弱い意志の自分でも授乳中にはビールは絶対に飲まないので必然的に毎日が休刊日。

私は、教育ママ

今日も朝から子供達に
「ワークを2ページやりなさい!」
と言う私。ちゃんと言う事を聞いて勉強をする日もあればやらない日もある子供達。
言う通り勉強するなんて偉いな~と心の中で思いつつ
やらない日は、なんでちゃんと勉強しないのよ~とイラつく私

ごめんよ子供達。こんな、勝手な母親で。
心の中では、なんでこんなに勉強させなきゃいけないのかな?
でも、ここでちゃんとやっとかないと中学生になったら困るよね?
そして、回りへの見栄もある。
義母への見栄、義姉への見栄、ご近所への見栄
それを言ったらキリがない。

健気に勉強する子供達、もっと出来るような気がして
もっと難し問題をたくさんやらせようとする私。

文句を言いつつ勉強する子供達。
「あ~ 私の子供って偉いな~ 」と思う。

ちょっと前のハナシになりますが、特に花粉症がひどくてきつかった。あ~あ~外に出るのがイチバン嫌。
かばんの中には必ず入れるもの。携帯、続いてティッシュ、マスク、目薬、その後本日必要な書類たち。ティッシュとかは予備までちゃんと入っていないとものすごく不安になるもんね。

毎年思うんだけど、マスクって好きになれない。わたしは女だから化粧がつくのはすごく嫌。しかもほとんど外さないからといって化粧しないわけにもいかないしねえ。

最近、なんとなく化粧のつきにくいマスクが発売されたとうわさを聞いたが、きっと2,3枚入りでいくら、みたいに高そう。なんたって毎日使い捨てで使うんだからせめて7枚入りとかで売ってないとねえ。っていうか花粉の飛んでないところに飛んで行きたいわ。

うちの子供も花粉症に悩んでいるので、なんとかならないかな。というか、子供も花粉症になるんだなって初めて知って驚いたんですけどね。

初めてのいとこ芸能界に行く?

わが家の子どもにまだいとこがいません。
私の妹も結婚して間もないし、夫のお兄さんは未婚です。
わが家はひとりっ子なので兄弟姉妹を作ってあげたい・・・という気持ちはありますが
なにせ私の年齢が許しません。

まあ、お友達はいっぱいいるし、いいよね。
と思っていた今月、妹の妊娠発表が!
安定期まで報告を待っていた・・・なんて他人行儀な。
でもともかくうれしく待ち遠しい出来事がひとつ増えたのでした。

私以上に、うちの子どもが大はしゃぎ。
おなかの子は男の子か女の子か、生まれたらどんなお世話をしてあげようかとか
赤ちゃんの必需品を一つひとつ挙げていったりとか
大忙しです。
きっといいお姉ちゃんになるんだろうな。

あまり猛暑でない、気持ちのいい夏でありますように。

そういえば、最近、ミックスジュース作りにハマっています。
それも、子供のころに父に連れて行ってもらった喫茶店で飲んだミックスジュースの味を再現したいと思っています。

そんなわけで、先日ジューサーミキサーを購入しました。
色々な種類のミキサーがありましたが、ジュースを作るだけなので一番安い物です。

そんな私を、妻は不審に思ったのか、「熱でもあるの?」と聞いてきたぐらいです。
料理を作るなんてほとんど出来ないからです。

今まで包丁すら握ったこともなかったのですが、ミックスジュースにリンゴを入れてみたかったので、使い方を妻に教えてもらいました。

色々な配合を試しているのですが、未だにあの味の再現ができません。
それでも、毎回それなりに美味しかったりするので、家族は喜んでくれています。